ミュゼ 飲酒

飲酒状態だとミュゼで脱毛不可!脱毛と飲酒の関係!

残念ながら、飲酒状態ではミュゼでは脱毛できません。
飲酒後は血行が良くなり、体が温まっている状態になります。
この状態で脱毛をしてしまうと、体にプツプツとした赤みが出たり、
痒くなってしまうことがあります。

 

また、飲酒後はアルコールを分解するために体じゅうが水分を消費します。
代謝の状態によっては、中間代謝産物のアセトアルデヒドといった毒素も増えている状態です。
このときに毛根を刺激してしまうと体の補修機能が間に合わなくなって、
脳が危険信号を発する可能性があります。
すると吐き気が起こったり、嘔吐してしまうなどの危険性があります。

 

アルコールを分解している状態は臓器に負担がかかっているので、
ピンポイントに体を刺激することは気分を悪くさせる原因いなります。
アルコールの分解には12時間くらいかかるので、
自分ではお酒が抜けたと思っていても周りに迷惑をかける可能性があります。
アルコール成分が含まれた汗や呼気はニオイが強いので、
施術者に不快な思いをさせてしまうこともあります。
マナーの上でも避けるようにしましょう。

 

また、脱毛後の飲酒もNGです。
飲んでしまうと脱毛効果が落ちてしまう可能性があります。
お酒が入るとアルコールを分解するために大量に水分を使いますし、
利尿作用によって脱水状態になりやすいです。
脱毛後のアフターケアとして保湿をすることが肌トラブルを防ぐために重要なのですが、
脱水状態では十分な保湿効果が得られないため肌に負担をかける原因になります。

 

また、光照射後にお酒を飲んで血行が良くなると、
体温が上昇して肌が敏感になり肌トラブルが起こる可能性があります。
赤みやかゆみ、痛みなどのトラブルが出て、
その後の肌の補修機能も十分に機能しない場合もあります。

 

ミュゼ側の手落ちで起きた問題なら補償してもらえる場合もありますが、
自分から規則を守った場合は補償は受けられないのが普通なので、
勝手に飲酒しないようにしましょう。

 

ミュゼのカウンセリング|初めてでも怖くない!カウンセリングの詳細